開発現場での使いやすさを重視しました

特長1.プロジェクトの品質向上をサポートする機能群

現場の作業負荷なくプロジェクトの品質向上をサポートする4つの主要機能を用意しています。

ConTrackは、これまでの開発文書管理の課題であった「成果物の登録・変更やトレース設定の作業負荷」の軽減を意識した機能と「容易に関連性を把握できる画面設計」により、システム開発の品質の向上・効率化をサポートします。


特長2.直観的で使いやすい操作画面

使いやすい操作画面は現場の負荷がなく、継続的に利用できます 

一目でわかるトレース画面

成果物間の関連性確認は、ラインビューとマトリクスビューの2パターン。一目でシステム全体の影響範囲が把握できます。

選べるトレース設定

トレース設定は3パターン。それぞれの現場で使いやすい方法を選択できます。

 

ドラック&ドロップで成果物を簡単登録

成果物は、ドラック&ドロップするだけの簡単登録。文書解析エンジンにより、ワンアクションで簡単に要素レベルまで登録できます。


特長3.既存の成果物をそのまま活用

ツール独自のフォーマットなどへの変換は不要です
ツール導入により現場の作業量が増える心配はありません

幅広いファイル形式に対応した文書解析

文書解析は、Microsoft Office Word/Excel/PowerPoint、テキスト、PDFなど、幅広いファイル形式に対応。成果物の登録やトレース設定のためのフォーマット変換は不要です。

ConTrack内で成果物を編集できるファイルジャンプ機能

ConTrack経由でWord、Excelなどの外部ファイルを開き、そのまま編集できます。成果物の変更時、外部ファイルを編集して、再度取り込む必要はありません。



お問い合わせ・無償評価版のお申し込みはこちら